フジテレビは7月31日、リアリティー番組「テラスハウス」に出演した女子プロレスラーの木村花さん(享年22)が、視聴者らからSNS上で誹謗(ひぼう)中傷を受けた後、5月23日に急死した問題で、検証報告を同社の公式サイトに掲載した。
  スタッフ・出演者・関係者ら27人への聞き取りなど内部調査を敢行。その検証報告が、16ページにわたって綴られた。
  騒動の発端は、番組内で同居していた男性が、木村さんの大事な試合用のコスチュームを間違って洗濯して縮ませてしまい、木村さんが激怒して男性のキャップをたたき落とすシーンが放送されたこと。
  ビンタや激怒を求めるようなスタッフからの指示があったことを、認める証言があることについては、「制作側が出演者に対し、言動、感情表現、人間関係などについて指示、強要したことは確認されなかった」と報告。
  SNSでの炎上についても、「予見できず、SNSを炎上させる意図はなかった」と釈明し、あおる意図は確認されなかったとした。
  一方で、こうした批判が「(木村さんに)どれほどの心的苦痛を与えているか、しっかり把握すべきだった」とも。
  今後、悪質な投稿には法的措置を含めた対応を取る方針を示した。
  また、木村さんに対する心的ケアについては、コミュニケーションを重ねながら、新型コロナウイルスの影響による収録中止後には「専門家の受診を提案、調整もしたが実現しなかった」と説明。
  そのうえで「木村さんへのケアの在り方、健康状態の認識について、至らぬ点があった」と認め、今後、精神科医や心理カウンセラーなどの協力を得ながら出演者をケアしていくとした。