イタリアで開催された「第77回ベネチア国際映画祭」で12日夜(日本時間13日未明)、コンペティション部門の審査結果が発表され、「スパイの妻」の黒沢清監督(65)が【銀獅子賞(監督賞)】に輝いた。
 【銀獅子賞】は、最高賞の【金獅子賞】に次ぐ栄誉。
 日本人の同賞受賞は、03年の「座頭市」の北野武監督(73)以来、17年ぶりとなった。
 新型コロナウイルスの影響で現地入りできなかった黒沢監督は、ビデオメッセージで「大変驚き、言葉では言い尽くせない喜びを感じている。長い間、映画に携わってきてよかった」と語った。
 同映画は、1940年(昭15)の神戸が舞台。正義のために、恐ろしい国家機密を世の中に知らしめようとする優作(高橋一生)と、非難を覚悟で夫を支えていく妻の聡子(蒼井優)が、時代の荒波に飲まれる様を描いている。
 NHKの超高精細チャンネルBS8K用に撮影され、6月に放送された。劇場公開は10月16日から。
 黒沢監督は、兵庫・神戸市出身。立教大在学中から8ミリ映画を撮り始めた。
 「カンヌ国際映画祭」では、01年に「回路」が【国際批評家連盟賞】を受賞。08年には「トウキョウソナタ」で「ある視点部門」の【審査員賞】、2015年には「岸辺の旅」で「ある視点部門」の【監督賞】を受賞している。