元「AKB48」の篠田麻里子(34)が4日、きょう5日放送のカンテレ「おうちで舞台~カンテレ劇場~」(深夜1時59分、関西ローカル)で放送される舞台「タクフェス 春のコメディ祭! 笑う巨塔」をPRした。5日付のサンケイスポーツが伝えている。
 同番組は、コロナ禍で舞台公演の中止が相次ぐ中、舞台をノーカットでお茶の間に届けようと6月から月1回のペースでスタート。今月は、俳優・宅間孝行(49)の作・演出で2018年に上演された舞台を、約3時間放送する。
 同公演は病院のロビーで繰り広げられる喜劇で、篠田は検査入院したとび職の親方(片岡鶴太郎=65)の一人娘を演じ、“コマネチポーズ”も披露して観客を沸かせた。
 篠田は、「おうちで“コメディエンヌ・篠田麻里子”を笑って息抜きしてもらえたら」とアピールした。