人気グループ「嵐」が、チャリティーイベント「嵐のワクワク学校」をオンラインで“緊急開校”することが29日、ジャニーズ事務所の公式サイトで発表された。
 同イベントは、2011年に東日本大震災の発生による電力事情を考慮して始まったチャリティーイベント。
 嵐は、昨年限りでの“退任”を発表していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、期間限定&オンラインでの復活が決まった。
 「嵐のワクワク学校オンライン」は、新たに開設する有料映像配信サービス「Johnny's net オンライン」で、有料にて視聴可能だ。
 初回の授業は二宮和也(36)の「今こそ感謝を伝えよう」で、5月2日午後1時からファンクラブ会員向けに先行配信され、同8日午後1時から一般配信される。
 他の4人の配信日は、後日発表となる。
 ファンクラブ向けの視聴券は1500円(税込)、一般視聴券は2000円(税込)。収益は、ジャニーズグループが展開する社会貢献活動「Smile Up! Project」を通じ、医療従事者向けの支援活動に役立てられる。
 30日付のスポーツ各紙によると、松本潤(36)はメンバーを代表し、「先が見えない日々に不安になったり、窮屈な生活を送っていらっしゃるかと思います。そんな中、今僕たちにできることは何かと考え、『ワクワク学校』を今年限定で復活させることにしました。たくさんの方に、楽しみながらチャリティーに参加していただけたらうれしいです。一日も早く平穏な日々に戻って、また皆さんと楽しい時を過ごせることを祈って」とコメントしている。