NHKは7日、新型コロナウイルスの感染拡大による政府の緊急事態宣言が発令されることを受け、新たな措置を発表した。8日付のスポーツ各紙が報じている。
 東京や大阪など、宣言の対象とされた7都府県拠点の放送局での収録や生出演については、「ニュースなどの緊急性・必要性の高い番組を除き、外部出演者におこし頂く形での収録を当面、見合わせます」。
 さらに、外出を伴うロケ・中継・収録も可能な限り見合わせるとした。
 これは、人の密集や流れを防ぐため。
 番組は、アナウンサーら職員中心の出演で制作し、外部出演者は自宅からのリモート出演やVTR出演となる。
 放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜・後8時)と連続テレビ小説「エール」(月~土曜・前8時)は、今月1~12日の収録が一時休止とされていたが、期間を延長。関係者によると、ゴールデンウィーク明けまで休止が続く見込みだとか。
 ただ、どちらも6月放送分までほぼ収録済みとあって、現時点で放送休止はないとしている。
 そして、9月末から放送予定の次期朝ドラ「おちょやん」は、今月2日に大阪放送局でヒロイン(杉咲花)の子役の収録が始まったばかりだが、7日以降の収録が一時休止と決まった。
 フジテレビでは、小規模で対策を講じて実施できる番組を除き、ロケやスタジオ収録を当面、休止すると発表。
 また、9日にスタート予定だった女優・石原さとみ(33)主演のドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(木曜・後10時)について、撮影スケジュールに影響が出たことから、初回放送を延期とした(放送日未定)。
 なお、13日スタートの織田裕二(52)が主演する“月9”ドラマ「SUITS/スーツ2」(月曜・後9時)は、予定どおり放送される。
 テレビ東京は、俳優・田中圭(35)主演のドラマ「らせんの迷宮~DNA 科学捜査~」(金曜・後8時)の24日の初回放送を延期に(放送日未定)。
 TOKYO MXでは、「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)、「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)など、一部の生番組の放送を8日から19日まで休止することが決定した。