福島県は27日、東京五輪の聖火リレーで県内を走るPRランナーに、人気グループ「TOKIO」のメンバー4人を起用すると発表した。28日付のスポーツ各紙が報じている。
 メンバーは、日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!!」(日曜・後7時)の人気企画「DASH村」で、同県浪江町の里山を開墾し、農業などに挑戦してきた。
 東日本大震災後は、福島第一原子力発電所の事故の風評払拭のため、県産品の安全性をPRするCMに出演している。
 メンバーは、「福島への恩返しの気持ちを込めて、復興に向けて頑張る福島の姿を全世界に発信したい」とのコメントを出した。
 福島県は、47都道府県を巡る聖火リレーの出発地。
 TOKIOの他、3月30日スタートの次期NHK連続テレビ小説「エール」(月~金曜・前8時)で、夏の甲子園の大会歌『栄冠は君に輝く』などを手掛けた福島市出身の作曲家・古関裕而をモデルとした主人公を演じる俳優・窪田正孝(31)や、いわき市内の温泉施設「スパリゾートハワイアンズ」を舞台にした映画「フラガール」(06年)に出演したお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山崎静代(40)らが選ばれた。
 なお、秋田県は同じく県内を走るPRランナーとしてタレント・壇蜜(39)や柳葉敏郎(59)らを起用すると発表した。