「ハロー!プロジェクト」所属の12人組女性ユニット「BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)」が2日、都内で初単独ライブを行った。その模様を、3日付のスポーツ各紙が報じている。
 今年8月にメジャーデビューしてから、約4ヵ月で実現した単独ライブ。
 先月27日に発売した1stアルバム『BEYOOOOOND1St』を中心に、デビュー曲『眼鏡の男の子』など計17曲を披露し、約2200人のファンを沸かせた。
 今年は「第61回日本レコード大賞」で【新人賞】を受賞。30日発表の【最優秀新人賞】の有力候補でもある。
 開演前の取材で、江口紗耶(16)は「(レコ大は)BEYOOOOONDSのことを知ってもらえる機会なので、全力で最高のパフォーマンスができるようにしたい」と気合十分。
 ラグビー観戦が趣味の岡村美波(15)は、「固いスクラムを組み、“ONE TEAM”でこれからも頑張っていきます!」と、この日発表された「2019ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞にちなみ、抱負を語った。