俳優・小手伸也(45)が7日、都内で行われた女優・松下奈緒(34)主演のWOWOWの連続ドラマ「引き抜き屋~ヘッドハンターの流儀~」(16日スタート、土曜・後10時)の舞台あいさつ付き試写会に登壇した。その模様を、8日付のデイリースポーツ、スポーツ報知、日刊スポーツが伝えている。
 小手は、女性ファンとの不倫騒動が報じられてから、この日が初の公の場で、冒頭で「本当に申し訳ありません」と謝罪。
 共演の内田有紀(43)が「もう?」とツッコミを入れ、渡部篤郎(51)も「何かやったのかい?」とイジると、小手は「ググらないでください」と苦笑いを浮かべた。
 ドラマのタイトルに引っかけて、“流儀”について聞かれると、小手は「人間として…正直にウソなく、謙虚でありたいと思っています」と恐縮しきりで笑いを誘った。
 ドラマは企業間の引き抜きが題材で、松下は「ヘッドハンターは苦労が多いけど、人生を預かるやりがいのある仕事。クセのある方々との共演を楽しみました」と振り返っていた。