元歌手・安室奈美恵さん(41)が昨年引退した「9月16日」が、「安室奈美恵の日」として制定される方向であることが分かった。29日付のスポーツ各紙が報じている。
 ゆかりの地である沖縄・宜野湾市の観光振興協会が、安室さん側と連絡をとったうえで、今月23日に日本記念日協会に申請したもので、現在審査中。
 引退1年となる9月16日には、宜野湾市内で地元新聞社、沖縄タイムス社などが主催するイベントが予定されているが、晴れて審査を通れば、初めて迎える「安室奈美恵の日」として、昨年と同じ「ぎのわん海浜公園」内で、記念イベントの開催を計画しているという。
 宜野湾市は、安室さんが95年に初めて沖縄凱旋ライブを行った地で、最後のライブ(昨年9月15日)も開催されたことから、ファンの間では“聖地”となっている。
 同市の宜野湾マリン支援センター内には、昨年11月から安室さんの直筆サイン入りの「ハートポスト」を設置し、安室さんに向けられたメッセージが展示されている。
 協会によると、展示物を見るために多くのファンが訪れているそうで、「記念日を作りたい」という声が多かったことから、申請を決めたとしている。