俳優・三宅裕司(68)が30日、東京・新橋演舞場で、舞台「翔べないスペースマンと危険なシナリオ~ギャグマゲドンmission~」(31日~6月26日)の公開稽古を行った。その模様を、31日付のスポーツ各紙が伝えている。
 三宅が出演、構成、演出を務める同舞台は、巨大隕石(いんせき)の爆破に向かうロケット内で起こる抱腹絶倒のコメディー。
 三宅といえば、今年1月にスキー中に転倒し、左大腿骨転子部を骨折。すっかり回復した様子で稽古を順調にこなし、「今年は特に感慨深いね。多くのお客さんが待っていてくれるという思いが大事なんだね。リハビリの先生から『(治りが)早すぎる』と言われた」と笑顔で話した。
 三宅の舞台といえば、時に時事ネタを取り入れることでもおなじみで、「今回もある」としたが、報道陣から「俳優さんの不倫ネタは?」と、複数のファンとの不倫が報じられた原田龍二(48)を思わせる質問が飛ぶと、「入れませんよ。不倫なんかしょっちゅうあるんだから」。
 原田の名前こそ出さなかったものの、「不倫した人は、落ち込んでると思うので、この一座を観て笑ってくれるといいね」と話していた。